スポンサーリンク

どんなガイドブックより詳しい柳橋市場の歩き方

スポンサーリンク

名古屋の台所 柳橋市場に行ってみましょう!

名古屋駅そばにある柳橋市場。多くの専門店が集まっている名古屋の台所。ここで紹介するお店は僕個人のおススメです。一般人である僕が1年間通って感じたことを書いてあります。業者さんとは目線が違うと思います。僕個人の意見なので参考程度に読んでくださいね。

柳橋市場は二つのビルからできています。

この2つのビルと周辺のお店をまとめて柳橋市場と呼んでます。


地図の上半分がマルナカ食品センター、下半分の薄茶色が名古屋綜合市場です。中は区切られていないので同じビルにいるように感じます。

マルナカ食品センタービルと名古屋総合ビル。二つのビルの間には屋根がついているので見上げてみてください。

市場には鮮魚中心に肉、野菜、乾物など様々なお店があります。同じ魚屋さんでも地物だけを扱う店や、全国・海外の鮮魚がそろう店、川魚、貝類専門店に至るまで、それぞれに得意分野があります。

値段は決して安いわけではありません。安いのが売りというより普段手に入らないハイクォリティ(新鮮、美味しい、珍しい)な食材を買うことができる市場と思ってください。高級料亭や割烹、お寿司屋さん、イタリアン、フレンチの名店と同じ素材を手にすることができます。マルナカ食品センタービル、名古屋綜合市場ビルの周辺には安い食材を売っているお店もあります。中にはお買い得なものもあると思いますが鮮度がイマイチだったり、それなりの品質だと思います。

オープンは朝4時ごろ。早い時間は業者さんが多いので、僕みたいな一般のお客さんは7時から8時くらいに行くといいと思います。9時には閉めるお店も出てきて10時には終了。

ちなみに値段は書いていないことが多いです。聞くと教えてくれますが、専門用語なので慣れるまでちょっとわかりにくい。市場では魚の値段は「キロいくら」と表現します。1匹いくらとは書いてありません。例えば「キロさんまる」といえば「1kg3,000円」、「キロにぃご」といえば「1kg2,500円」といった感じ。


最初のうちは欲しい魚が何グラムなのかが分からなくて値段の見当がつきません。そういう時は指さして「この魚でいくらくらい?」と聞くと「だいたい700gだから1,200円くらいかな」とか教えてくれます。お店のお兄ちゃんはおっさんには厳しいですが、女子には優しく教えてくれると思います。


全てのお店を紹介するときりがないので、ここでは赤枠で囲ったお店を中心にご紹介します!ちなみに図の左が名古屋駅方面です。



地元三河湾や伊勢湾の良質なお魚「かねだい」

地元三河湾や伊勢湾の良質なお魚を扱っているのは「かねだい」さん。高級料理屋・寿司屋さん御用達のお店です。値段も張りますが素晴らしいお魚がいっぱい。師崎から直送された活け魚を店頭でしめているので鮮度抜群。特にいいお魚が欲しい方はこちらで買うといいと思います。ちなみに「かねだい」さんは師崎で料理屋さんをやっています。

  • 高級      ★★★★★
  • 話しかけやすさ ★★★



穴子は「カネコ」

昨年はカネコさんで穴子を100匹くらい買いました。煮穴子を作るのに1回にだいたい1kg。150gくらいの大きさが好きなので6-7匹くらいかな。だいたいキロさんまる~さんご位です。穴子を扱っているお店はほかにもありますが、「カネコ」さんではその場で生きた穴子を捌いて売ってくれます。三河湾の鮮魚もいろいろあるし、比較的買いやすいと思います。後ろの「かね竹」さんは貝専門のお店で、以前生の鳥貝を買いました。丁寧に剥いてくれて鳥貝の扱い方も教えてくれました。

  • 高級      ★★★
  • 話しかけやすさ ★★★★



こだわりの近海生マグロ「松野下」

近海の生マグロにこだわっています。冷凍は扱っていません。キハダが多いかな。小さいお店ですが良心的で話しやすいのでここで買うことが多いです。写真は年末に行った時のものでパックで売ってましたが普段は欲しい分をその場で切り出して売ってくれます。「赤身を1000円分くらい欲しいんだけど、どれくらいかな」とか「脂(中トロ)を3cm幅くらいある?」とか聞いて買ってます。

  • 高級      ★★★★
  • 話しかけやすさ ★★★★★



マグロ「大伸」

柳橋市場ではまぐろの大手。1万円持っていくと(笑)いいマグロがゲットできます!買いやすいのは1パック500円の赤身のサク。漬けや鉄火巻き用に。土曜日は一般客向けに中おち1,000円パックもあるのでこれも狙い目。若い店員さんはちょっと不愛想(笑)ですが問題ありません。

  • 高級      ★★★★
  • 話しかけやすさ ★★



テレビでお馴染み 女主人けいこさんのマグロ屋「うお圭」

女性オーナーけいこさんのお店。女性がオーナーのお魚屋さんは珍しいのでテレビでもよく取り上げられています。「うお圭」の「うお」が漢字の「魚」じゃないのは「鮭」になってしまうから。マグロを売ってるのに「魚圭」で「鮭」ではおかしいですね。国産の生マグロを扱っているので気軽に声をかけてみてください。

  • 高級      ★★★
  • 話しかけやすさ ★★★★★



金目鯛や甘鯛、値段の張る高級魚は「山哲」

一般のお客さんはなかなか話しかけずらい雰囲気です。金目鯛や甘鯛の魚体と品揃えは柳橋一と思います。とてもいいお魚をあつかっているので値段聞くにも気合いが必要です。話かけようとしても次から次へ業者さんが来るので、ちょっと遠慮してしまうことが多い 笑。知り合いのお金持ちのオジサンは山哲でしか買わないと言ってました 笑。

  • 高級      ★★★★★
  • 話しかけやすさ ★



こちらもいいもの扱ってます「一寿々」

コンパクトなお店ですが新鮮で良いお魚が並んでいます。遅い時間に行くと売り切れて商品が少ないことも。人気のお店です。台の高さとか並べ方とかもあるんでしょうか。見やすくていい感じ。店員さんの対応も気持ちいいです。

  • 高級      ★★★★★
  • 話しかけやすさ ★★★★



上等なウニは「辻喜」さん一択

まぐろや高級ウニを扱っているお店。名古屋ではなかなか見ることのない「小川の生うに」「羽立のうに」など高級寿司屋御用達のブランドウニを扱っています。とびっきり上等ものが欲しいなら辻喜さんしかありません。ウニ大好物の先輩は昨年末ここで75,000円買ったと言ってました 笑。お店の人もびっくりですね。多分一般人でこれだけ買った人はいません。
マグロもおススメです。

  • 高級      ★★★★★
  • 話しかけやすさ ★★★★



適正なお値段で良いもの「山彦」

このお店で買うこと多いです。剣先イカ、ウニ、帆立、ノドグロなどなど。お隣の「松野下」さんでマグロ見た後に覗きますが、話しやすくお値打ちな感じ。何がどうということはないんだけど買いやすい雰囲気ってあるんですね。

  • 高級      ★★★
  • 話しかけやすさ ★★★★★



魚七

名古屋駅側の入り口から入ったすぐ右手で地べたにトロ箱並べているお店。種類も多くお値打ちなお魚が並んでいます。比較的買いやすいお値段です。通路を挟んだ「かねだい」さんの横で赤貝を剥いているおばちゃんも魚七さん。その場で剥いてもらうとハズレを買わなくて済むので安心です。以前別の店でハマグリ買ったときは半分ほどは身がやせてハズレでした。素人に悪いもの売りつける店では二度と買いませんが魚七さんは大丈夫です!おばちゃんは穴子も売ってるのでカネコさんにないときはこちらで買います。ただ、穴子は人気なのですぐに売れちゃいます。
追記:おばちゃん退職されたようです(2021.4)

  • 高級      ★★
  • 話しかけやすさ ★★★★★



鳥専門店「つるや食品」

鳥専門店の「つるや食品」さんは奥三河鶏や名古屋コーチンがお値打ちです。先日三河地鶏の骨付き腿を買いましたがスーパーで買うよりずっと安くとても美味しかった。100g 68円だったかな。骨付きはスープを取るのにいいですね。胸肉は38円。ここしばらくはこの値段で出ています。名古屋コーチンも安いので、とてもおすすめです。市場の中には鶏肉を扱っているお店が数件ありますが、他のお店も良さそうです。

  • 高級      ★★★
  • 話しかけやすさ ★★★★★



果物・お野菜は「名促」さん

果物買うなら「名促」さん。今日食べる桃が欲しいと尋ねたら元気なお姉さんが「明日以降に柔らかくなってくるのはあるんだけど~今はちょっと固いかな。梨なら糖度高いのがあるからどうですか」と美味しい梨をすすめてくれました。こういうやり取りってスーパーじゃできないし頂いた梨がほんとに美味しかったのでまた買いたいなと思いました。

  • 高級      ★★★
  • 話しかけやすさ ★★★★★



海苔は「山安のり」「近藤海苔」

美味しいお寿司には上等な海苔を使いたい。「山安のり」「近藤海苔」さんどちらもスーパーでは手に入らない美味しいのりを売ってます。10枚1,000円くらいの高級海苔を食べてみて下さい。ほんとに美味しくて普段使ってるスーパーの海苔がただの黒い紙に感じてしまいます(ちょっと大袈裟ですが 笑)。両店とも保存用の袋もつけてくれて良心的。

  • 高級      ★★★
  • 話しかけやすさ ★★★★★



市場の外にもいいお店はあります 「山口」

総合市場の南側の通りにもたくさんお店があります。新長ビルの「山口」さんでは鯛、ひらめ、ノドグロ、イカ、車エビなどがお値打ちに買うことができます。鯛は半身、ひらめは4分の一(しぶいち)でも売ってくれるので買いやすいですね!「しぶいち」ここで覚えちゃいました 笑。自宅の近所のお寿司屋さんにも卸しているので安心。話しやすいお父さんと気さくな息子さんでやってるので是非行ってみてください。

  • 高級      ★★★
  • 話しかけやすさ ★★★★★










こういうお店では買ってはいけない

名前は伏せますがエビを扱っているお店

  • 弱って死んだ車エビを集め「活〆」と書いて素人に売っている
  • エビの重さをはかる時、かごも含めて測り請求(目撃!わざとやっていました)
  • お寿司のえびはどれがいい?と聞いたら「そっちので(死んでる)十分だよ」と

こういうお店では二度と買いません

もう一店あります。
あるお店で魚を見てたら「兄ちゃんさっきあそこで鯖買ったろ。いくらだった?あそこ素人さんからぼったくるから」どうやら少し高めで買わされたらしいことが判明。お付き合いのある業者さんと一般客相手では売値を変えるのはよくあるようですが、、、、。
このお店でも二度と買いません

  • 駄目さ     ★★★★★
  • ぼったくりさ  ★★★★★





駐車場

朝早いので車で行くことが多いと思います。マルナカ食品センターの2階は駐車場ですが満車のことも多いので僕は周辺駐車場を利用します。ちなみにマルナカ駐車場は15分110円でそこそこ高い。女性ドライバー運転の場合だけ女性割引で3時間550円とお得です。


お勧めはこの2箇所

松陽パーキングセンター

朝8時から営業の立体駐車場ですが30分150円と比較的良心的。8時以降に行くなら近いし安い。

江川線渡った名も無いコインパーキング

だいたいここに駐車します。
朝8時までは1時間100円と激安。8時以降は平日40分200円、土日60分200円。
めちゃくちゃ安いので時間を気にすることなく買い物できます。

ちなみに多くの業者さんは江川線沿いに路駐してます



コメント

タイトルとURLをコピーしました